Home > 映画はいつも相対性理論 > これを観たら人生変わる、勇気をもらえる!

エンドロールが流れると気持ちが穏やかになったり、あるいは自信が湧き、明日への活力になったり。悲しい気持ちになったり、人に優しくなれたり。色々な感情が生まれ、観た人によってそれも様々だと思います。そんな映画の中で【これは人生変わる、勇気をもらえる!】と思った作品をアトレ恵比寿店のスタイリスト松崎さんに紹介してもらいます。

sns:
read more

今回紹介する映画はとても有名な映画なので観たことがある方は多いと思いますが、何かにつまずいた時に観たのを覚えています。アシスタント時代、テストに落ちて落ち込んでる時に観てました!
まだ観てない人は、是非ご覧下さい。


イエスマン

監督 ペイトン・リード

主演 ジム・キャリー

『YESは人生のパスワード』

後ろ向きな思考で何事でも「NO」と答えいたジム・キャリー演じるカール。仕事も私生活も中々上手くいかない日々が続き、友人の誘いで自己啓発セミナーに参加することに。
そのセミナーを境に全てのことに「YES」と答えていくと、彼の身の回り、人生に変化が起こり始める。


【私の好きなシーン】

自己啓発セミナー後にホームレスに「車に乗せてよ」と言われ丘の上まで連れて行ってあげる。
携帯電話も充電がなくなるまで使われ手持ちの財産も全て貸して欲しいと言われて、あげく帰ろうと思ったら車はガス欠。ガソリンスタンドまで歩く羽目に。
でも、そのガソリンスタンドで写真好きの女性と出会った主人公カールは、「YES」と言い続けることは、そう悪くないと思えました。
さらに彼女のスクーターで車まで送ってもらい、送り際にキスまでしてもらってツーショット写真をもらい、すっかりいい気分。
その日の主人公は「YESは幸せを呼ぶ」と、ちょっとだけ思い始めました。主演ジム・キャリーの演技も含め、「YES」は良きことに繋がるかもと主人公がワクワクしてる感じ、ネガティブな思考からポジティブな思考に変わるこのシーンが一番好きです。


【感想】


ポジティブ思考の大切さを知れるコメディ映画です。
この映画を観て理由をつけて断るよりまず何でも受け入れてみるのが大事。その方が人生楽しめそうと思いました。
何かに悩んだり迷った時は人生一度きり!前向きに考えよう!とこの映画を思い出し勇気をもらっています。
人生、映画のように全てが上手くいく訳ではありませんが要は気の持ちよう、気持ちのありかたによって、人生はいくらでもよい方向に変えられると。
元気をもらいたい、背中を押してもらいたいと思ってる方にオススメの映画です。是非、一度ご覧ください。


グレイテスト・ショーマン

監督 マイケル・グレイシー

主演 ヒュー・ジャックマン

『地上最大のショー』

貧しい家に生まれ育ったバーナム。彼は幼い頃に父に先立たれ苦しい青春を送るが、苦労の末に仕事へ就き、両想いの幼馴染チャリティと結婚して二人の娘を授かる。
贅沢はできずとも幸せに満ちた生活を送るバーナム達だったが、突然の倒産で仕事を失ってしまう。妻と愛娘達を幸せにするために試行錯誤したバーナムはやがて、ユニークな個性を持つ日陰者達を集めて誰も見たことがないグレイテストなショーを作り上げて大成功を果たす。
しかしバーナムは貧しかった頃の経験から、成功・名声・富を得ることに執着してしまい、大切な家族、仲間を失う。
商売が行き詰まり、最愛の妻と娘たちを失ったバーナムがバーで肩を落としていると、サーカスの仲間たちがやってきます。本当の家族からも存在を疎まれたユニークな自分たちに、居場所を与えてくれ、家族同然に付き合ってくれたと仲間から励まされ勇気をもらい、もう一度ゼロからやり直すことを決意します。


【好きなシーン】

オープニング始めのミュージカルシーンがとてもカッコイイです。
足踏みから歌が始まるシーンが理由なく心を動かされますね。
あとは全てを失った主人公のもとへ仲間が駆け寄り鼓舞し、自分のあり方を考え直すシーン。
失ってから大切さに気づく事、人生にはありがちだと思います。


【感想】

ファンタジーの様な100%いい人ではなく
現実の人間のように完璧ではないキャラクターたちが自分たちの力で居場所をつかみ取る。
完璧じゃないからこそ、泥臭く、誰かを利用している場面もあり人間臭い部分にひきこまれました。
それでも這い上がれる人間力や演出、曲に勇気をもらえます。


sns:
read more
by beauty salon
lookmag.peek-a-boo.co.jp