目次 > スポット > PEEK-A-BOO □ Lovers

シンプルに「PEEK-A-BOOが好き」そんな人達に好きなところを直球で書いてもらいました。
みんなそれぞれの想いを胸に、私達は今ここにいます。
この揺るぎないチームの中で、一人ひとりがPEEK-A-BOOにとってがかけがえのない一本の柱となって私達の支えになっています。

GINZASIX店
涌波 茹生  Kai Wakunami

高校バスケットボールでは全国大会に行った経験を持つほど頑張り屋さんな涌波君が思う、PEEK-A-BOO□loversとは…。

“Hungry spirit”

Hungry spiritとはハングリー精神、向上心などの意味をします。
PEEK-A-BOOで働いていて一番感じる部分です。若い世代から還暦を過ぎたスタイリストまでいてみんなカッコよくて輝いていて活躍してるということは常にハングリー精神があるからだと思います。技術面でもそうですし、何が流行っているのかなど敏感に察知しています。そんな素敵な先輩たちがいるからこそ僕は頑張れますし、負けられないし、とても良い環境で働かせていただいていると思います。
どんな時代になろうが、この精神があるから美容の第一線でやっていけると思うので僕も常にhungry spiritで頑張っていきたいと思います。

Writer.

スニーカー 大好きバスケットマン美容は発展途上
sns:
GINZASIX店

学生時代は10年バスケットに打ち込んでいたこともあり大のスニーカー好きお洒落な人を見ると足元にすぐ目がいってしまう。足元を見ながら歩くせいで人とぶつかってしまうこともしばしば、、、


表参道店
栗林 大輝 Daiki Kuribayashi

いつも良い感じに力が抜けていて、責任感の強い栗林君が思う、PEEK-A-BOO□loversとは…。

“団結力”

どんな時でも、お客様をhappyにする、ということを皆んなが思っていてhappyにする方法、技術を皆で考え、団結力を持って同じ方向に向かっているPEEK-A-BOOが好きです。

Writer.

仕事と釣りが大好きな美容師
sns:
PEEK-A-BOO 表参道

小さい頃から釣りに触れてきて常に大物を狙っている。
ちなみに自己最高記録は68cm
でまだ見ぬ大物と出会う為に日々勉強している。
憧れのアングラーは高橋優介である。


表参道店
弥富 玲 Rei Iyatomi 

いつも明るい笑顔で周りの人を元気にさせる弥富さんが思う、PEEK-A-BOO□loversとは…。

“仲間”

先輩・後輩・同期、みんなで支えあっていることで自分自身が成長できているし、仲間との繋がりでPEEK-A-BOOができていると思うからです。

Writer.

おしゃべり大好き一度会ったら忘れません
sns:
表参道店

好きなカラーはピンクで仕事で使う道具と髪の色は5年間ずっとピンクです。
人と話すことが昔から大好きなのでぜひ皆さん一緒に盛り上がりましょう。


アトレ恵比寿店
當間 那津 Natsu Touma

癒しのオーラをまとい安定感のある接客が得意な當間さんが思う、 PEEK-A-BOO□loversとは…。

“個性”

PEEK-A-BOOでは20代から70代まで幅広い年齢層のスタッフがいて、一人ひとりの個性が強いので刺激的な毎日を送れるところです。

Writer.

沖縄生まれの愛されティンカーベル
sns:
アトレ恵比寿店

持ち前の優しさと愛のある接客は沖縄生まれの温かさから♪
でも、お肉好きなところと、陸上で鍛えた忍耐力とスピード感で技術はしっかり肉食系!
【癒しのある空気感】と【安心感のある技術】でお客様に魔法をかけます☆


NEWoMan新宿店
湯川 淳平 Jyunpei Yukawa

誰とでも仲良くなれるコミュニティ能力に優れる湯川君が思う、 PEEK-A-BOO□loversとは…。

“Passion”

みんな情熱的で、今の現状に決して満足せず、常に何かに取り組んだり発信していたりと、決して止まることのないPEEK-A-BOOが好きです!
自分の限界を少しでも超えて行こうという先輩達の姿勢は尊敬できとても楽しそうで、常に僕たちを引っ張ってくれています!

Writer.

ヒップホップ大好きアシスタント
sns:
NEWoMan新宿店

新宿店の2年目アシスタント。
小学校の頃から親の影響でラップを聴き始め、そこで知ったカルチャーを生で感じたいと留学までしてしまう。
スニーカーも好きで、服よりもスニーカーが増え続けてしまう。最近のお気に入りはNike x Sacai LD waffle
初めて買ったCDはEMINEM “Curtain Call” そして好きな映画はもちろん”8 Mile”。


原宿店
飯田 健太郎 Kentaro Iida

長年の経験を活かした的確なアドバイスをしてくれる、健太郎さんが思うPEEK-A-BOO□loversとは…。

“志”

最初は自分にいっぱいいっぱい。
しだいに仲間と絆が生まれる。
お互いを結びつける物の1つは「志」。
自分以外の「志」を感じた時に、何にも例えれないような、心地の良い風が僕の背中に吹いてくる。
そんな風を吹かせるPEEK-A-BOOが好きだ。

Writer.

原宿を愛し愛された男
sns:
原宿店

ファッション、音楽を深く知り、若い頃は原宿の夜を駆け回った。長身と甘いマスクで幅広い女性のハートを鷲掴み!女好きかと思いきや、家族想いのナイスなパパ!
PEEK-A-BOO原宿からニューウェーブを巻き起こすこと間違いなしの原宿店長


あとがき

PEEK-A-BOOへの愛が伝わってきますね!素敵な笑顔をお届けできたと思います。仲間を大切に思い団結し、ハングリー精神で美容の道を突き進む。志をもったTeamはいつもPassion(パッション)で溢れています。先輩たちの背中を追いかけ、後輩たちに刺激される、この環境は、素敵だなと思います。

by beauty salon
lookmag.peek-a-boo.co.jp