Home > スポット > 今更聞けない『サウナってなに?』をサウナ好き美容師に聞いてみた。

サウナが流行っている、今。
なぜサウナに行こうとする人達が、こんなにも
多いのか。
今どきサウナは、
ちょっと想像を超えていて楽しそう。
お洒落で、話題性があって、更に入り方や、種類もたくさんあります。

そんなサウナの魅力をサウナ好きの美容師に紹介してもらうコーナーです。

まず初めの入門としてサウナのあれこれを質問してみよう!!!

Q1 サウナになぜ行くの?

脳のリセット。サウナに行ってととのう、そうすることによって脳をスッキリさせ新しい発想やアイデアが生まれて来る。ついでに体の疲労も回復し、脳も体も全部がリセットされ最高の状態になります。

Q2 なぜ今サウナが流行っているの?


2019年に、タナカカツキ氏の漫画「サ道」がついにドラマ化されて人々のサウナへの認知度は上昇し、サウナブームのきっかけとなりました。
少し前まではクラブやフェスなどのオープンカルチャーが流行っていたが、
今若者の間ではクローズドカルチャーが人気。
スマホやテレビ、パソコンの画面から離れ、心身ともにリラックスすることで一瞬現実からも離れ次に進むモチベーションを持つことが出来る。心身を癒すことのできるサードプレイスとして、サウナにスポットが当てられているのです。

Q3 サウナってそもそも、何?

サウナとは、「サウナ室」「水風呂」「外気浴」の3つ合わせてサウナです。
まず「サウナ室」に入り「水風呂」に入ることで急激に体が温められ、そして冷やされることによって体の交感神経優位の緊張状態になります。
その後に外気浴をすると副交感神経優位のリラックス状態になります。
その時に脳には大量の血液と酸素が流れることで、外気浴の時には体はディープリラックス状態だけど脳はスッキリし活発な状態になります。
これが「ととのう」という状態です。

Q4 サウナで椅子が段差になっているのは、なぜ?

サウナ室の椅子が段差になっているの上の方に行くと温度が高くなって下の方に行くと温度が低くなります。なのでそれぞれのお好みの温度でサウナを楽しめるような設計になっています。ちなみに、一段で体感温度は約5℃違うらしいです。

Q5 サウナに入っている時に部屋の中にある石って何?

それは「サウナストーン」といってサウナ室の温度管理の役割を果たしています。薪などでサウナストーンを温めて、さらにサウナストーンにお湯(アロマ)をかけて蒸気を発生させることによって温度が高くなる仕組みになっています。このことを「ロウリュ」と言います。ちなみにサウナストーンがあるサウナは「フィンランド式」のサウナでサウナは元々フィンランド発祥です。

Q6 サウナに入る時間て決まっているの?

サウナに入る時間は大体8分〜12分、と言われていますがそれは決まっているわけではありません。しっかり汗をかいて、体の芯まで温まったら出る、その目安となっているのが8分〜12分です。慣れてくると15分くらい入ったりもしますが、初心者は10分〜12分を目指して最初は入ってみるといいと思います!

Q7 サウナの温度は決まっているの?

大体80度〜100度くらいですかね、もっと高いところもありますし低いところもあります。決まってはないですが、高いから良いとか低いから良いとかそういうわけでもありません。それぞれのサウナに個性があって良さがあるから、いろんなサウナに行ってみたくなるものなんです。実は湿度も大切で湿度が高い方が居心地が良い湿度が低い方は息苦しく感じます。温度と湿度の関係が重要なんです。

Q8 サウナに入って良いことは何?

体の調子が良くなる!免疫力もものすごくUPするので体が強くなります!このご時世免疫力は大事!あと他にも脳がスッキリして物事をスムーズに考えられたり、いろんなアイデアが浮かんだり、良いことだらけです!笑

こんな素敵な髪型も浮かんできちゃいます!!!

hair 安斎健太郎

皆さんも大体、サウナのことがわかってきたでしょうか?実際に話できくのと体験するのでは大いに違いがあると思います。今回の記事を見て少しでも興味が湧いてくれると嬉しいですね。

最後に…PEEK-A-BOO サウナ部があるって聞いたのですが本当ですか?

はい。もちろん本当ですよ!!!まだ活動は3回くらいで参加者もまちまちですが(笑)
みんなで最近行ったサウナがすごく良かったんです。

「シーサウナシャック」

今度、紹介しますね(笑)

これからこんな素敵な場所に普段から行っているPEEK-A-BOOサウナチームに色々な場所を紹介していただきます。是非、お楽しみください!!!

今回のライターさんは…

sns:
read more

by beauty salon
lookmag.peek-a-boo.co.jp